痛みや不得意なポーズは、身体のサインです! BodyChance Yoga・クリニックであなたのヨガを Check up!してみましょう。

これからご紹介するチェックリストであてはまるものを選んでください。

  1. 自分だけがアーサナ(ポーズ)がとれないと感じたことがある。
  2. 身体の歪み、左右の違いが気になる。
  3. ヨガをしていて、いらいらしたことがある。
  4. ヨガ・インストラクターの指示がよく理解できないことがある。
  5. ポーズ(アーサナ)をとると、痛い、固いと感じて楽しめないことがある。
  6. いつも同じアーサナ(ポーズ)がとりにくい。
  7. もっときれいに楽にアーサナをとりたい。
  8. 安全で長く続けられるヨガ、自分にあったヨガを見つけたいと思っている。
  9. ヨガのアーサナを分かりやすく指導したい。

さあ、一つでもあてはまるものがある方は、BodyChance Yoga アーサナ・クリニックで解決のヒントをみつけましょう。

もっと知りたい方は、BodyChance Yoga Friendsで情報をゲット!

あなたのヨガは大丈夫? ヨガは怪我が意外と多い。

ニューヨークタイムズの日曜版(2012 年 1 月 5 日付けの NYタイムス誌に “ How Yoga Can Wreck Your Body”(ヨガはどうあなたの身体を破壊するのか)と言う記事が掲載されました。健康にいいと言われているヨガも、やり方を間違えると、身体を痛める可能性があります。

アメリカのベテラン・インストラクターでも、むちうち症やぎっくり腰、肉離れ、筋ちがいなど、怪我や体調不良が後を絶たないことが報告されています。深刻な怪我をした人の中には長年練習を重ねた熟練者もいて、毎日の練習の癖が身体に負担をかけ続けて、一気に症状が表面化するケースもあるようです。

なぜヨガの先生や長年ヨガをやっているyoga loversたちでも、怪我をするのでしょうか。下記のような理由が考えられます。

1.指導しながらムリな姿勢を長時間することがある。(緊張や呼吸が浅くなっているとさらに危険)
2.他の人と比較してつい競争してしまう。
3.グループレッスン指導しか受けていず、個人の身体の動きに関する十分な知識が不足している。
4.ヨガについての誤解(見た目が一番重要!?など)を持っている。
5.ポーズの補正(アジャスト)の安全な方法を知らない。

BodyChance Yoga のアーサナ・クリニックは、このようなことを避けるために、皆さんが既に気づいているちょっとした違和感、できないアーサナの取り方、痛みなどがなく、ヨガをもっとラクに自由に楽しめるコツを教える学校なのです。

さらに知りたい方は、BodyChance Yoga Friendsの無料メール・セミナーで知識を得よう!

「治療より予防のためのアーサナ・チェック」

怪我をして入院したり通院すれば、数万~100 万円単位でお金がかかります。 マッサージやセラピーも、とても効果的ですが、また同じ癖のあるカラダの使い方で身体を使えば、同じ痛みや怪我を繰りかえすことになります。

自然な動きのシステムに従えば、必ずもっとラクに体が使えます!

「いつも同じところを繰り返し痛める」という方は、特に、アーサナ・チェックで、 自分が持っている自然のシステムに従った体の使い方がわかれば、 もう痛い思いをしなくていいのです!