コラム①
あなたのヨガは大丈夫?
ヨガは意外と、怪我が多い。

ヨガは意外と怪我が多い

ニューヨークタイムズの日曜版(2012年1月5日付けの NYタイムス誌に “ How Yoga Can Wreck Your Body”(ヨガはどうあなたの身体を破壊するのか)という記事が掲載されました。

健康にいいと言われているヨガも、やり方を間違えると、怪我につながってしまう可能性があります。

アメリカのベテラン・インストラクターでも、むちうち症やぎっくり腰、肉離れ、筋ちがいなど、怪我や体調不良が後を絶たないことが報告されています。

深刻な怪我をした人の中には長年練習を重ねた熟練者もいて、毎日の練習の癖が身体に負担をかけ続けて、一気に症状が表面化するケースがあります。

なぜヨガの先生や長年ヨガをやっている人達でも、
怪我をするのでしょうか。

  • 指導で、ムリな姿勢を長時間する。(緊張や呼吸が浅くなっているとさらに危険。)
  • 他の人と比較してつい競争してしまう。
  • 個人の身体の動きに関する十分な知識が不足している。
  • ヨガについての誤解(見た目が一番重要!?など)を持っている。
  • ポーズの補正(アジャスト)の安全な方法を知らない。
BodyChance Yogaでは、このようなことを避けるため、あなたに合ったアーサナの動き方を伝えています。

BodyChance Yogaもっとラクに自由になるアーサナ•クリニック

痛い!固い!つらい人でも大丈夫!
動きの解剖学で体軸を使おう!
ヨガ呼吸で、みんな、もっとうまくなる!

無料メールセミナーです。

BodyChanceヨガ・ベーシック(Michikoクラス)を受けてみたい方は、体験クラスにお申込を!

BodyChanceヨガ・ベーシック(Toshiクラス)を受けてみたい方は、体験クラスにお申込を!