コラム③
ヨガで思ったようにカラダが動かない!ときは?!
<ヨガに役立つ思考方法>

思ったように動かない時は?

ヨガのレッスンで生徒さんが、ときどきこんなことを言っているのを聞きます。

「頭ではわかっているのだけれども、カラダが思うように動かないんです」
私も自分がそう感じたことが沢山あります。

でも、実は、どんな時でも、カラダは思考の通りに動いているものです。

頭で思った通り以外に、カラダは動く方法がないのですから!

上手くいっていないと感じる時は、何か別のことが起こっています。

頭から指令していることが現実のカラダができることと違っている、
または、実は動きを正確によく理解していないままに、動き出している、
ということが起きていることが多いのです。

ヨガでうまく動けない時には、「考え方」「思考」の方を再検討してみましょう。

やりたい動きは明確か、カラダの自然な構造にさからっている指令を出していないか、 探偵のように、丁寧に見ていくのがBodyChance Yogaです。

以下のどれかで、「考え」に誤解がないかどうか、見直しましょう。

  • 自分のカラダのイメージと現実が違っている
    自分のカラダのイメージが現実とずれていることはよくあります。
    例えば、実際より足の長さ、胴の長さ、頭の位置を少しばかり違ってイメージしていることも、ポーズをとりにくくしている原因です。
  • カラダの地図、うごきの構造を誤解している
    ヨガでうまくポーズがとれないときに、ほとんどの人におこっているのが、頭の位置、腕の動く場所、など様々なカラダの動きの構造を誤解です。
    詳しく知りたい人は、「ヨガでよくある7つの動きの勘違い」をぜひ読んだ下さいね。
  • 動きのプランが不明確、又は不可能なことをしようとしている
    例えば「椅子のポーズ」をとるときに、どこから動きがリードして、どこの関節をいつ動くようにプランしているのか、などの詳細を口で言おうとすると、なかなか難しいものです。
    そのくらい動きのプランが詳細に実はなっていない、ぬけがあることが多いのです。
  • 過度なストレス、緊張状態になっている
    動物はストレスを感じたり、緊張する環境では、上手く身体が動かないものです。
    安心して自分が回りの状況を落ち着いて把握できるような環境をセットしてあげるのも大切なことです。
そのどれかを解いていけば、必ずできるようになるのがヨガ。

まだそれでも納得のいかない方は、ぜひスタジオで、一緒にやり方、考え方を見てみましょう。

きっと今よりいいやり方が見つかります。
一人でやるより、観察に慣れた先生にまず見てもらうと、意外な発見がありますよ。

BodyChance Yogaもっとラクに自由になるアーサナ•クリニック

痛い!固い!つらい人でも大丈夫!
動きの解剖学で体軸を使おう!
ヨガ呼吸で、みんな、もっとうまくなる!

無料メールセミナーです。

BodyChanceヨガ・ベーシック(Michikoクラス)を受けてみたい方は、体験クラスにお申込を!

BodyChanceヨガ・ベーシック(Toshiクラス)を受けてみたい方は、体験クラスにお申込を!